朽ち果てている空き家

近所に空き家があり、建物はかなり古い木造2階建ての一軒家です。

庭などは無く、家の外壁がそのまま道路に面して建っています。

私が引っ越してきて13年ほど経ちますが、引っ越してきた時から手つかずのままです。

今にも崩れそうなくらいボロボロです。家全体が朽ちている感じです。壁にはツタのようなものが生えていて、そばに立っている電柱や電線にからんでいることがあり、大丈夫かな?と心配になります。

人目につきやすい立地なせいか、ボヤや窓ガラスを割られるなどイタズラされている様子はありません。

台風が過ぎた後に通りかかった時は、どこかが剥がれてしまったらしく木材が散乱していました。

この空き家のすぐ隣にも古いアパートが建っています。こちらは入居者がいますが、空き家が崩れたりしたら恐らく被害をこうむります。自分が同じ立場だったら、どうしていいか分からず困ります。市か警察に言えばよいのでしょうか?

最近になって、空き家の周りに立ち入り禁止のテープが張られました。

何かしらの動きがあるのでしょうか。誰もが安心して通れるように、早く解体や補強などをしてもらえるといいなと思います。

PR|大阪での解体工事の見積なら