カテゴリー: 空き家

22 6月

空き家の番犬が吠えても

我が家の4件隣りに、築20年ほどの空き家があります。
元々高齢のご夫婦がお住まいでしたが、ご主人が老人ホームに入られた後、いつの間にか奥様の姿を見かけなくなりました。
ご近所付き合いをなさらない方であったこともあって、何時から空き家になったのかは分かりませんでしたが、このお宅には番犬がいて、その犬は近所の小学校から聞こえるベルや子供たちの登下校中によく吠えるのすが、ある時から夜中じゅう吠えるようになったので、町内会の方が訪問して空き家であることが分かりました。犬は空腹と心細さで吠えていたようです。
何より不用心なので、警察に連絡したものかどうかも含めて何とか親族と連絡を取る方法を模索することになりました。一番の急務は犬の扱いで、保健所に連絡するのはせめて親族に連絡がついてからにしようということになったようで、エサをあげようにも小学生なども下校時に何か食べ物を与えているようですし、散歩もしなくてはいけないので気を揉みました。
犬はほどなくいなくなりましたが、空き家はそのままで、雨戸も閉めっぱなしでどんどん寂れていく様子です。

22 6月

雑草が茂り見た目も悪い

現在の地に引っ越してきて7年が過ぎます。7年で空き地に次々にモデルハウスのような新築一戸建てが増えるのと同時に古い一戸建ての空き家が目立ち始めました。
古くからお住いのお年寄りが多く、亡くなられて空き家になっている所は雑草が生い茂り、倒壊などの危険があります。山に建っているのでほとんどの一軒家に玄関まで階段があります。その為足腰の弱いお年寄りがお子さんと一緒に住む為引越されたり、施設に入居されるなどで家を売りに出されます。
以前の町内では防火運動で夜間見回りがありましたが、こちらはお年寄りが多いせいか防火運動はされてません。車道に面する所に空き家が増えると雑草が茂り治安が悪く映るのが心配です。
土地には看板やのぼりが建てられますが、台風などで飛ばされる事もありますので長く空き家の状態近隣住民の方も不安がられてます。空き巣被害などは特に聞かない地域ですが、風の強い乾燥した日などは火災の心配がつきまわります。
空き地であれば割と動きが早く新築が建ちますが、一軒家の場合は空き地にするまで売れ残ってます。早く建て壊しをしてほしいのが近隣住民の願いです。

13 7月

田舎の空き家は都会人には憧れがあるのですね

私は田舎に住んでいますが、農家も離農したり、都会に家を建てて街から通って農業を行うということも増えて来ているようで、結構と空き家があるのですが、その空き家には、野菜畑や花畑の様な土地もついているので、都会で退職し自宅などを売って、田舎暮らしに憧れてやってくるか方達が多いのです。
農家の方もその様な方たちの受け入れにはなれているので、新しく来られたかたがたとも、すぐに地元の風習やルールを覚え、楽しく暮らしています。
野菜を自分で作るような自給自足の様な生活に憧れているのでしょうね。
ですから、野菜の作り方などの情報交換なども活発に行われています。大変良いことだと思っています。
第一に、農家の空き家は土地付きで安いので、都会から来る人たちが引っ越して、少し家に手を加えたら十分良い生活が出来るのです。
祖図化で、きれいな空気と緑の畑が魅力的な生活なのでしょう。周りの農家の方にも刺激が増えてお互い良いのです。
PR|小牧市の安心できる解体業者をお探しですか?|

12 7月

高齢夫婦ばっかり空き家がいっぱいみんな戻ってきて!

弟夫婦が継ぐ予定の実家でしたが、弟家族は嫁実家近隣に家を買ってしまいました。
妹も彼氏と同居中です。
私と主人の職場近くに住んでましたが、私の退職を気に実家に同居する事になりました。
実家を離れて10年、私の子供の頃はどこのお宅も大家族が多かったのに今じゃ空き家がいっぱいあります。
祖父母世代の夫婦ふたり暮らしのお宅も多いのでいずれ空き家がまだまだ増えそうな予感です。
新しく駅が出来てお店も出来てきたので若い世代の方達はそっちの方に家を建てる人が多いみたいです。
昔から娘が多い地域だったので、お婿さんが多い地域
ご近所さんも仲がよくで付き合いも多いし、地域での子育てに凄く積極的な方々ばかりです。
今若い世代で両親と同居してるお宅はお婿さんだったり、マスオさんが多いです。
昔からある地域なので空き家はいっぱいありますが、新しく方が土地を買って引っ越してこれる様な土地はありません。
生まれ育った私にはとっても子育てしやすいですが、ママ達みんな幼なじみばかりなので
お嫁さんには生活しづらいのかなともおもいます。
高齢者がかなり多い地域なので暇人な私は毎日子供達とお散歩しながら近所のおじいちゃん、おばあちゃんとお喋りしながら困った事があったらいつでもいいに来てね!といってます。

PR|水戸市の安心できる解体業者をお探しですか?|

6 7月

築100年超えの木造ボロボロ一軒家の空き家問題

自宅のすぐ近くに、もう10年間以上空き家になっている家があります。すでに築100年以上は経過しているであろうボロボロの木造一軒家で、その両隣にも同じく木造のボロボロの店舗が建っています。それらの店舗に挟まれる形でその空き家があるのですが、その3軒の建物は同じ地主さんが土地を貸していて、建て替える場合はそれで退去という契約になっているので建て替えたくても建て替えられないそうです。

10年以上前に真ん中の一軒家が空いてから、雑草取りや雪よけは両隣の店舗のご主人が協力して行ってくれています。しかし、古い木造家屋のため年々傾きが激しくなり、窓ガラスも割れ、今や完全に廃墟と化していて景観は最悪です。

このままどうなっていくのかと心配していたら、ついに地主さんに苦情が入ったらしく、今年の秋に両隣の店舗が退去すると聞きました。ついに3軒共空くことになるので、土地を売りに出すか、建て替えるか、どちらにしてもあの空き家が無くなってくれると思うとほっとしています。

 

12 6月

隣近所が空き家のまま放置されている

いまや東京都内の高級住宅街でも空き家だ目立つようになってきています。東京都の解体業者に解体してもらえればいいのですが、一人暮らしの年配者が亡くなられた後の空き家も問題になっています。隣近所が空き家になった時に、どんな手順を踏めばよいのでしょうか。当たり前のことですが、持ち主が対処すべき事柄です。そこで、空き家の所有者の確認をする必要があります。いまは、インターネットで、登記情報提供サービスというものがあるので、登記事項を確認することが出来ます。または、全国の空き家、空き地の情報を収集している所有者とのNPO法人があるので、そこに問い合わせてみることもできます。所有者と連絡が取れれば、解決方向へと進んでいきますが、大抵は、登記簿住所に住んでいないことや、電話番号も使われていないことも多々あります。その場合は、自治体とコンタクトをとることになります。隣近所が空き家のため、どんな迷惑になっているのか、事細かく自治体に訴えないと動いてくれません。あとは、不動産会社に連絡するのも問題解決の近道になります。

18 5月

空き家となる実家に対する心配事項

大都市のベッドタウンである下町にも空き家が増えています。空き家となる理由には様々な要素があるのでしょうが、私の実家もやがて空き家になってしまいます。

一人暮らしの母が他界し、現在は遺品整理を進めています。その作業を母の1周忌を迎えるまでに完了し、1周忌が過ぎれば実家は空き家となってしまいます。

大都市のベッドタウンとして古くから住宅が密集する下町に立地し、土地と家屋が自分のものであれば、住宅を壊して更地にしても土地は売れる立地です。

しかし、残念ながら実家は借地に建つ長屋の1軒なのです。住居は長屋の住民がそれぞれ所有しています。借地を返す際には更地にして地主に返すのが一般的で、実家は戦後間もなく建てられた古い住宅なので、それが出来ればスッキリと問題は解決します。

しかし、長屋の1軒を切り離して解体すれば、長屋全体に大きなダメージを与えかねません。地主と相談して、将来の解体費用として一定の金額を地主に支払い、解体せずに地主に土地を返す事でお互いの了解が出来ました。

しかし、空き家となれば、住宅は傷みやすく、実家の傷みが引き鉄となって長屋全体に問題を起こさないか心配です。地主に実家を無償で引き渡し、私には責任は無くなると言うものの、顔見知りの長屋に残る住民に迷惑を掛ける様な事があれば、やはり責任を感じてしまいます。

しかし、土地を借り続け、実家を維持しても使用のあてはありません。せめて地主に住居付きで土地を返すまでに、DIYで可能な限りのメンテをして地主に実家を託したいと思っています。

PR|安心見積もりの解体御者は?|

18 5月

空き家となる実家に対する心配事項

大都市のベッドタウンである下町にも空き家が増えています。空き家となる理由には様々な要素があるのでしょうが、私の実家もやがて空き家になってしまいます。

一人暮らしの母が他界し、現在は遺品整理を進めています。その作業を母の1周忌を迎えるまでに完了し、1周忌が過ぎれば実家は空き家となってしまいます。

大都市のベッドタウンとして古くから住宅が密集する下町に立地し、土地と家屋が自分のものであれば、住宅を壊して更地にしても土地は売れる立地です。

しかし、残念ながら実家は借地に建つ長屋の1軒なのです。住居は長屋の住民がそれぞれ所有しています。借地を返す際には更地にして地主に返すのが一般的で、実家は戦後間もなく建てられた古い住宅なので、それが出来ればスッキリと問題は解決します。

しかし、長屋の1軒を切り離して解体すれば、長屋全体に大きなダメージを与えかねません。地主と相談して、将来の解体費用として一定の金額を地主に支払い、解体せずに地主に土地を返す事でお互いの了解が出来ました。

しかし、空き家となれば、住宅は傷みやすく、実家の傷みが引き鉄となって長屋全体に問題を起こさないか心配です。地主に実家を無償で引き渡し、私には責任は無くなると言うものの、顔見知りの長屋に残る住民に迷惑を掛ける様な事があれば、やはり責任を感じてしまいます。

しかし、土地を借り続け、実家を維持しても使用のあてはありません。せめて地主に住居付きで土地を返すまでに、DIYで可能な限りのメンテをして地主に実家を託したいと思っています。

PR|安心見積もりの解体御者は?|