雑草が茂り見た目も悪い

PR|和歌山の解体工事の費用なら

現在の地に引っ越してきて7年が過ぎます。7年で空き地に次々新築一戸建てが増えるのと同時に古い一戸建ての空き家が目立ち始めました。

 

古からお住いのお年寄りが多く、亡くなられて空き家になっている所は雑草が生い茂り、倒壊などの危険があります。山に建っているのでほとんどの一軒家に玄関まで階段があります。その為足腰の弱いお年寄りがお子さんと一緒に住む為引越されたり、施設に入居されるなどで家を売りに出されます。

 

我が家の4件隣りに、築20年ほどの空き家があります。
元々高齢のご夫婦がお住まいでしたが、ご主人が老人ホームに入られた後、いつの間にか奥様の姿を見かけなくなりました。

 

ご近所付き合いをなさらない方であったこともあって、何時から空き家になったのかは分かりませんでしたが、このお宅には番犬がいて、その犬は近所の小学校から聞こえるベルや子供たちの登下校中によく吠えるのすが、ある時から夜中じゅう吠えるようになったので、町内会の方が訪問して空き家であることが分かりました。犬は空腹と心細さで吠えていたようです。

 

何より不用心なので、警察に連絡したものかどうかも含めて何とか親族と連絡を取る方法を模索することになりました。

 

一番の急務は犬の扱いで、保健所に連絡するのはせめて親族に連絡がついてからにしようということになったようで、エサをあげようにも小学生なども下校時に何か食べ物を与えているようですし、散歩もしなくてはいけないので気を揉みました。

 

犬はほどなくいなくなりましたが、空き家はそのままで、雨戸も閉めっぱなしでどんどん寂れていく様子です。土地には看板やのぼりが建てられますが、台風などで飛ばされる事もありますので長く空き家の状態近隣住民の方も不安がられてます。空き巣被害などは特に聞かない地域ですが、風の強い乾燥した日などは火災の心配がつきまわります。

 

以前の町内では防火運動で夜間見回りがありましたが、こちらはお年寄りが多いせいか防火運動はされてません。車道に面する所に空き家が増えると雑草が茂り治安が悪く映るのが心配です。

 

空き地であれば割と動きが早く新築が建ちますが、一軒家の場合は空き地にするまで売れ残ってます。早く建て壊しをしてほしいのが近隣住民の願いです。

PR|童話|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|内職 アルバイト|お小遣いNET|健康マニアによる無病ライフ|心の童話|初値予想|